ソートマクロ エクセルデータをいろいろな順番でソートするマクロ
* 組織や役職などは、ユーザが自由に登録変更可能ですので会社・官公庁・外資系などでも利用可能です。
* フリーですので、ぜひご利用下さい。

用途・特徴

・ 《リストソート》  「このように並んでほしい」 というリスト を設定し その順番に対象データをソートする
・ 《書式ソート》  値と無関係に書式でソート 〜 セル色やフォント色など
・ 《通常ソート》  当然OK。最大100キー 複数データ間での作業に。


・ 役職順や組織順など、「日頃よく行っているがEXCEL標準ではできないソート」に
  〜 役職順、組織順、都道府県順、全国の市区町村順などの住所順、名簿順などサンプル付きで簡単。
・ 書式ソートは、視覚的なデータ把握が可能になる

・ ★★★ 定例作業でソートする方や、多くのキーでソートする方にも

処理の概要

EXCELデータを指定したパラメータにしたがってソートし、指定された場所に出力します。


<1> リストソートができる


  < リストソートとは >

   ・ 「このように並んでほしい」 というリスト( = 「順序リスト」と言います ) を設定しておき、
     その順番に対象データをソートするものです。

   ・ 例えば、上位者が上になるような役職順や、組織図に従った部署順、
     北海道、青森、、沖縄となるような都道府県順など。

   ・ 特に、順序リストにはマッチング用の文字 ( 『*』 や 『?』 など ) が使えるので、
     セル内容と順序リスト項目が完全に一致しなくてもよくなっています。


  < 例 >
・次のデータを役職順にソートしたい場合、キーは役職の列を指定して、



      

<順序リストは>


  ・ ユーザが自由に変更、追加可能。
      最大20種類  * 初期状態で最大100項目、行を追加すれば最大1000項目可能

  ・ 初期状態で、役職順や部署順など 9種類の順序リストを設定。
      都道府県順 : 47都道府県のリスト。北から北海道〜沖縄の順。
      ⇒ これまで非常に面倒だった行政区分に従った住所順のソートが簡単にできる。

  ・ 保存可能なので、いろいろな表に繰返し再利用可能。

        ⇒ 一度設定すれば、後々使える。
       ⇒ たくさん設定していくほど、利用場面が増えていく。 << 成長型のツール >>




<2> 書式ソートができる

  < 書式ソートとは >

   ・ セルの値とは無関係に、セル色やフォント色、左・中央・右揃えなど書式でのソートすることです。

  < 例 >
  ・次のデータを セル色 と 左・中央・右揃え でソートしたい場合、

    

   

  < ソートできる書式 > 

     ソートできる書式は次のとおり   <<充実 >>
      ・ セル色(網などパターンも含む)、フォント色、フォントサイズ、、フォント種類、
      ・ 左・中央・右揃え(横配置)、太・斜・太斜、下線、
      ・ 上・中央・下揃え(たて配置)、表示形式、上付・下付、
      ・ 取消し線、ロック、コメント、ハイパーリンク先


<3>通常のソートももちろんOK。最大100キー

   ・ しかも、EXCEL標準ではできない、キーごとの 「大文字・小文字設定」 「ふりがな設定」 などが可能。
  ( 標準では、ソート処理全体での指定のみ )

<4>リストソート、書式ソート、通常ソートを組み合わせたソートも可能

 ・ 同じキーを、リストソート、書式ソート、通常ソートで重複して指定することも自由に可能

<5>直接更新と、指定場所出力が可能

 ・ 対象シートの直接更新と、別ブックなど指定場所への出力が同時に可能。

<6>データ件数が増減しても毎回の設定変更が不要

 ・ 自動判定が使えるので、毎回設定を変更する必要がない
 ・ 設定は保存できるので、定例作業に効果

<7>標準のソートと比べても、充実・高機能!!

 ・ リストソートはマッチングに対応している    (標準ではリストソートはマッチングに対応せず完全一致のみ))
     (だから標準ではリストに「社長」と設定すると「代表取締役社長」はリストに該当せず、末尾となってしまう)
 ・ 指定した場所に出力可能 (標準ではその場だけ)
 ・ EXCELを閉じても設定が保存される (標準では開いている間だけ)

 などなど。

特にこんな方にお勧め

★ 日頃よくある役職順や組織順、都道府県順など、EXCEL標準ではできない並び替えを行っている方

   ・ 組織順 : 組織図の順番で
   ・ 役職順 : 上位役職者が上
   ・ 住所順 : 北海道が上
   ・ 商品名順 : よく使う商品が上、他はあいうえお順
   ・ プロジェクト順 : 主要なプロジェクトが上、他はあいうえお順
   ・ 学校では、 クラス順、科目順、担任順、地区内の学校リスト順
     など    

★ ソートに関する定例作業を行っている方

★ 多くのキーでソートする方

★ ユーザ作成マクロでソートを簡単に組み込みたい方

★ 視覚的にデータ整理やグルーピング、マーキングする方

画面イメージと指定方法の概要
画面イメージをクリックすると拡大表示されます

★まず先にセットアップを実行してください。

使い方例

 主な使い方の紹介。色々な業務での活用例です。⇒ 使い方の例へ

ダウンロード <最新版>

<最新版> V812.0002 ( 2016/9/12 ) Excel2007以降対応(*)


(*) 対応EXCEL : EXCEL2007以降対応。  EXCEL2010など
              ( EXCEL2003以前の方は、EXCEL2003以前用をご利用ください。
               EXCEL2003以前用も引き続きダウンロード可能です )
     対応OS      : XP以降対応。 Windows-7 など


 
ダウンロードのページへ

 ・履歴

・ v8.12へV-UP (2016/09/12):指定画面など一部見直しました。
                    また説明を追加や信頼性の向上など対応しました。
                    各種のソートに威力があります。
                    どうぞご利用ください。
・ v8.1へV-UP (2016/04/12):ライセンスをフリーにしました。したがって使用期限はありません。
                    EXCEL2007以降に本格対応しました。拡張子は.xlsm となりました。
                    EXCEL2003以前の方は、6.1以前のバージョンをご利用ください。
                    操作画面をわかりやすくました。
                    リスト部分を操作画面に統合しました。
                    各種の信頼性を向上させました。
・ v6.2へV-UP (2008/12/16) :5年ぶりにバージョンアップ。DLL化し処理速度も向上、信頼性もアップ。
                    順序リストの役職順について副会長や副社長が含まれていても
                    適切にソートできるように対応 など 
・ v3.7へV-UP (12/23) :名称を「拡張ソートマクロ」から変更、
                 および 各種ボタンの新設や国政調査結果をもとにした全国市区町村リストの追加など。
・ v3.3へV-UP (9/19) :数式を値に変換するかどうか選択できるなど。                 
・ v3.2へV-UP (8/4) :より入力しやすく、リストソートも利用しやすく。
・ ツール集第4弾として公開 (2003/6/10))
最大40%割引 Vectorダウンロード販売