結合セルマクロ 結合セルの分割、値のセット、自動的な結合などを行うマクロ
*お試しは無料ですので、ぜひご利用下さい。

用  途

  結合セルを自動的に分解したり、連続したセルを自動で結合セルにしたりします。
  フォントの透明化にも対応しています。


EXCEL標準の結合セルは、貼り付けができず、ソートができず、数式が正しくならないなど、とても不便ですが、

当 「 結合セルマクロ」 は、
   ★ 結合セルを分割してもとの値をセットしたり、
   ★ 同じ値が続くセルを自動的に検索して結合したり、
   ★ 同じ値が続くセルのフォントを透明化したりして、
見やすく 使いやすくするマクロです。

・ 『結合セルを含んだ表』 をお使いの方、  『同じ値が続く表』 を使っている方に。
・ 結合セルは面倒と思っている方は是非。
・ 1つずつ確認しながらの個別処理や、一括処理など、機能も充実。
・ フォントの透明化は、文字色を背景色と同色にして、各セルに値があるのに結合セルのように見せます。
  普通のシートなので数式にも使え、コピーやソートもできます。
  ⇒ 通常シートの扱いやすさと、結合セルの見栄えを同時に簡単に実現。

処理の概要

・ これまで面倒だった結合セルを使いやすくする>
結合セルの分割、値のセット、自動的な結合などをスムーズに行なうことによって、これまで面倒だった結合セルを扱いやすくする。 再結合も簡単。

・ 同じ値が続くセルを見やすくする
結合セルを使う場合の前提となる、同じ値が続く表を、指示のもと自動的に結合したり、文字色を背景色に合わせて、あたかも結合セルにしたかのように見せたり、「同上」などを自動的に設定したりする。

⇒  『フォント透明化 』 を使えば、結合していなくても結合セルのように見せることもできます。


   そもそも、結合セルは見やすい反面、使いづらい。

   ・結合セルを使うメリットは、 見やすい こと。

   ・しかし、結合セルの デメリット は、次のようにたくさんある。
・ 選択時 : 結合セルの一部だけを選択できない。 選択時に結合セルが含まれると結合先も範囲に含んでしまう。
   

・ 並び替え時 : 結合セルが含まれると、ソートできない。

・ 貼り付け時 : 貼り付け先に結合セルの一部が含まれていると、貼り付けできない。
            また、結合セルを含んだ範囲を コピーして 値貼り付け できない。


・ 数式では : 他の場所から結合セル内を数式で参照できるのは、左上のみで、
           左上以外の他のセルは0となって参照できない

   


・ 結合セルの解除 : 結合セルを解除すると、左上セルのみに値が入り、他のセルは空欄になる (=同じ値が入らない)
  ・結合セルの解除では、EXCEL2000では、解除ツールバーがないので、書式メニューから操作が必要

   

・ その他 : VBAマクロでは、結合セルが含まれている場合の考慮が必要で、考慮されていないとエラーとなることがある。


したがって、、、

A. できれば、結合セルは使いたくない。しかし見やすくはしたい。

  ⇒ 「結合セルマクロ」 なら、通常の表を、『結合セルしたかのように』 見せることができる

     ・結合セルのような見やすさ。通常の表なので使いやすい。修正したあとの書式の再設定も簡単。

     


B) できれば、結合してあるセルを使いやすくしたい。

 ⇒ 「結合セルマクロ」なら、結合した表を分割し各セルに同じ値をセットしたり、書式変更したり出来る

    ・ 結合セルが扱いやすくなる

 ⇒ さらに、同じ値が続く通常の表を簡単に結合セルに出来る

   ・ 結合セルの表を分割して、修正し、再度結合セルにするのも簡単


処理内容

次のA〜Dの4パターンの処理が可能

  A 結合されたセルに対する処理
  B 同じ値が続くセルに対する処理
  C 値の後に空欄が1つ以上続くセルに対する処理
  D 値の後に指定した文字が1つ以上続くセルに対する処理


A 結合されたセルに対する処理

結合されたセルを、
A-1) 分割するのみ
A-2) 分割してもとの文字をセットする
A-3) 分割して2番目以降に指定文字をセットする
A-4) 書式の変更する

例) もともとの表
  

処理結果
  

  

  

  


B 同じ値が続くセルに対する処理

同じ値が続くセルを、
B-1) 結合する
B-2) 2番目以降を空欄にする
B-3) 2番目以降に指定文字をセットする
B-4) 書式の変更をする

例) もともとの表
  

処理結果
  

  

  

  


C 値の後に空欄が1つ以上続くセルに対する処理

値の後に空欄が1つ以上続くセルを、
C-1) 結合する
C-2) 上または左にある基準文字をセットする
C-3) 指定文字をセットする
C-4) 書式の変更をする

例) もともとの表
  

処理結果
  

  

  

  


D 値の後に指定した文字が1つ以上続くセルに対する処理

値の後に指定した文字が1つ以上続くセルを、
D-1) 結合する
D-2) 上または左にある基準文字をセットする
D-3) 指定文字をセットする
D-4) 書式の変更をする

例) もともとの表
  

処理結果
  

  

  

  


特  徴

(1) 縦方向や横方向の両方の結合セルがあっても、優先順位を決められる

「たてのみ」、「横のみ」、「たて優先で横」、「横優先でたて」の4種類の中から選べる。

 

(2) 「書式変更」が簡単にできる

   ・ フォント、セル色、表示形式、罫線、配置 の設定が可能。
   ・ 分割・結合して、かつ書式変更することも可能。
   ・ 分割・結合の処理はせず、結合セルを選び出して、書式変更のみすることも可能。

(3) 対象範囲のセルの処理を、「個別処理」するか、「一括処理」するか選択できる

   ・ 個別処理は、1つずつ範囲を確認しながら処理。一括処理はまとめて高速に処理可能。
   ・ 対象範囲の中で、処理したいセルと処理したくないセルがあっても、利用可能。

(4) ユーザマクロに簡単に組み込める

   ・ アドインではなくあえて シートに直接記入 する方式を採用
   ・ 対象ファイルのシート名や開始行などの 設定パラメータをユーザ作成マクロで設定 可能
   ・ しかも、起動命令も公開しているので、ユーザ作成マクロから直接起動 可能

  ⇒ 単体で使え、マクロに組み込んでも使える。
  ⇒ 便利な処理を組み込んだユーザ処理を簡単に構築可能。
  ⇒ 処理するシートが多数あっても、設定内容が変動しても、設定→処理を繰り返せる。

  (※ 具体的な起動命令やユーザマクロへの組み込み方法等はヘルプを参照ください。)

特にこんな方にお勧め

★ 結合セルを含んだシートを扱う方全般。

   例えば、
   ・ 会議資料、顧客向け資料、管理資料、、、
   ・ 結合セルを含んだシートは、意外と多い

★ 同じ値が続くデータ表を扱う方。

   例えば、
   ・ 同じ値が続く表は、何かと見づらい
   ・ 見やすくしたいが、結合セルは使いづらい、、、、

⇒ そんな方に。是非

結合セルに不満のあるみなさん、また、同じ値が続くデータを扱う皆さん、どうぞご利用ください。

画面イメージと指定方法の概要
クリックすると拡大表示されます
↓ ↓

★まず先にセットアップを実行してください。

使い方例

 主な使い方の紹介。色々な業務での活用例です。⇒ 使い方の例へ

ダウンロード <最新版>

<最新版> V811.0003 ( 2016/8/9 )   Excel2007以降対応(*)


(*) 対応EXCEL : EXCEL2007以降対応。  EXCEL2010など
              ( EXCEL2003以前の方は、EXCEL2003以前用をご利用ください。
               EXCEL2003以前用も引き続きダウンロード可能です )
     対応OS      : XP以降対応。 Windows-7 など


 
ダウンロードのページへ

 ・履歴

・8.11へV-up: ・EXCEL2007以降に本格対応しました。
           これにより拡張子はxlsmとなりました。
           EXCEL2003以前の方はVer6.1をご利用ください。EC研究所のサイトからダウンロードできます。
         ・罫線やセル色などEXCEL2007以降に対応しました。
         ・操作画面を見やすく使いやすくしました。
          配置、ボタンの大きさや配色、罫線など見直し見やすく・使いやすくしました。
         ・説明やヘルプを見やすくし、説明を充実しました。(2016/8/9)

・6.12へV-up: メッセージの表示変更、画面デザイン変更、一部ケースでエラー発生を修正 (2007/5/13)

・ 公開 (2007/5/2)
最大40%割引 Vectorダウンロード販売