関数 INDEX

   

◇ INDEX  : 指定した位置の値を返す
     
 

・構文

  • @INDEX(範囲、行位置、列位置、領域番号)  <<-- 通常はこちらを使う
  • AINDEX(配列、行位置、列位置)       <<-- あまり使用しない

・機能

  • 構文@ 指定したセル範囲の中から、行位置、列位置が交差するセルの値を返す。
  • 構文A 指定した配列の中から、行位置、列位置が交差するセルの値を返す。

・難易度

  • やや難しい ( 他の関数と混同しがち。構文が2つあってどちらなのかすぐにはわからないなど。
             しかし、習得しておくことが望ましい  )

・頻度

  • ときどき使う ( 取得したい場所を動的に変更する場合など )

・例

  • 構文@

  • 複数領域の例

  • 構文A 略 (あまり使わない)

・引数

  • 構文@
 
項目名
省略時
説明
1 範囲
必須
 ・検索するセル範囲を指定する。
2 行位置
必須

 ・セル範囲の中で上からの行位置を指定。
 ・1が最上位行。
 ・0を指定すると列全体

3 列位置
必須
 ・セル範囲の中で左からの列位置を指定。
 ・1が左端列。
 ・0を指定すると行全体
4 領域番号
なし

 ・セル範囲が複数あるときに指定。
 ・対象となるセル範囲
を番号で指定。
 ・はじめの領域が1。
 ・複数領域の例を参照。

  • 構文A  略。

・説明

  • 定した範囲の中から、指定した行と列の場所にあるセルの値を返す。
  • 上から(左から)何番目にあるかがわかっている場合に使用する。
  • 構文Aはあまり使用しない
 
◇ 関連リンク 
     
 
  • MATCH関数:サーチ範囲からサーチする値を探して、該当するセルの位置を数字で返す。
  • CHOOSE関数:指定した順番にある引数を返す。
 

EC研究所TOP>>