関数 COUNTBLANK

   

◇ COUNTBLANK  : 空白セルの個数を調べる
     
 

・構文

  • COUNTBLANK( セル範囲 )

・機能

  • 指定したセル範囲の中に空白セルは何個あるか、空白セルの個数を数字で返す。

・難易度

  • やや簡単 ( 範囲を指定するだけ。 名称もわかりやすい )

・頻度

  • たまに使う ( 総セル数からCOUNTAの値を引いて求めることも可能だが、
            空白セル が知りたいと先にわかっている場合はこちらは一発 )

・例

・引数

 
項目名
省略時
説明
1 セル範囲
必須
 ・空白セルを数えたいセル範囲を指定。
  ( 引数は1つのみ )

・説明

  • 指定したセル範囲の中に空白セルが何個あるかを返す。空白セルの個数
  • COUNT関数やCOUNTA関数と違って、引数は1つのみ。
  • 空白セル以外の個数はCOUNTA関数、数値の個数はCOUNT関数、条件指定はCOUNTIF関数
  • 空白セルのみカウントする。
  • 数値、文字列、論理値、エラー値、0のセル、スペースのセルはカウントしない
 
◇ 関連リンク 
     
 
  • COUNT関数 : 指定したセル範囲や値の中に数値は何個あるか、数値の個数を数字で返す。
  • COUNTA関数 : 指定したセル範囲や値の中に空白セル以外は何個あるか、空白セル以外の個数を数字で返す。
  • COUNTIF関数 : 指定したセル範囲の中にカウント条件に一致するセルは何個あるか、一致するセルの個数を数字で返す。
  • AREAS関数 : 指定したセル範囲は何個あるか、セル範囲の個数を数字で返す。
 

EC研究所TOP>>