関数 COLUMN

   

◇ COLUMN  : セルの列番号を調べる
     
 

・構文

  • COLUMN( セル )

・機能

  • 指定したセルの列番号を数字で返す。

・難易度

  • 簡単 ( この関数単独では簡単。他の関数と組み合わせて使っていくと混乱しがち )

・頻度

  • ときどき使う ( 引数を省略して、現在の列番号を取得するなど )

・例

・引数

 
項目名
省略時
説明
1 セル
COLUMN関数のあるセル
 ・列番号を取得したいセルを指定。
 ・セル範囲を指定した場合は一番左のセルの列番号を返す。

・説明

  • 指定したセルの列番号を返す。
  • よく引数を省略して、現在の列番号の取得に使用する。
  • CELL関数の引数"COL"と同じ
  • COLUMNS関数は、セル範囲が何列あるか 列数を返す。
  • 何行目にあるか はROW関数
  • セル範囲の領域は1つのみ(複数領域は不可)
  • より高度な使い方としては、配列数式として複数セルにCOLUMN関数を入力することも可能
 
◇ 関連リンク 
     
 
  • CELL関数 : 対象セルについて、配置や表示形式、保存先など調査したい項目名を指定して結果を返す。
  • ROW関数 : 指定したセルの行番号を数字で返す。
  • COLUMNS関数 : 指定したセル範囲は何列あるか、列数を数字で返す。
 

EC研究所TOP>>