関数 CHOOSE

   

◇ CHOOSE  : 指定した順番にある引数の値を返す
     
 

・構文

  • CHOOSE( 引数の順番、引数1、引数2、、、、 )

・機能

  • 指定した順番にある引数の値を返す。

・難易度

  • やや難しい ( 引数自体の何番目か という考え方がやや難解 )

・頻度

  • あまり ( 候補となる引数を複数指定しておき、どれを採用するかを動的に指定する場合など )

・例

・引数

 
項目名
省略時
説明
1 引数の順番
必須
 ・表示したい引数の順番を指定する。1から29まで
2 引数1
必須

 ・引数を指定する。数値や関数なども指定できる。

3 引数2、、、
なし

 ・引数は最大29個まで。

・説明

  • 指定した順番にある引数を返す。
  • 引数には数値や関数などいろいろ指定できる。次は引数にSUM関数を指定した例



  • 曜日を返したり、部署名を返したりなどが可能。
  • 引数はひとつひとつ指定していく。 SUM関数のように複数セルの範囲として指定することはできない。
  • 複数セルの範囲として指定した中から任意の場所を調べたい場合は、INDEX関数を使う。

 

 
◇ 関連リンク 
     
 
  • INDEX関数 : 指定したセル範囲の中から、行位置、列位置が交差するセルの値を返す。
 

EC研究所TOP>>