関数 AREAS

   

◇ AREAS  : セル範囲の数を調べる
     
 

・構文

  • AREAS( ( セル範囲,セル範囲,セル範囲,,, ) )

・機能

  • 指定したセル範囲は何個あるか、セル範囲の個数を数字で返す。

・難易度

  • やや難解 ( 関数の機能自体は簡単だが、括弧を2重にする部分が難解 )

・頻度

  • たまに ( VBAでも使用する )

・例

・引数

・説明

 
項目名
省略時
説明
1 セル範囲
必須
 数えたいセル範囲をカンマでつないで、
 それを()で2重に囲んで指定。
  • 指定したセル範囲が何個あるかを返す。セルの個数ではない。
  • セル範囲の中にあるセルの個数を求めるにはCOUNTA関数COUNTBLANK関数の合計を使う方法や、
    セル領域が1箇所ならセル範囲の行数(ROW関数で取得)と列数(COLUMN関数で取得)  を掛けて求める方法もある。
  • 絶対・相対参照の指定や、A1・R1C1形式の指定が可能。
  • 指定方法がやや複雑。セル範囲が1つのときはいいが、複数のセル範囲を指定するときは()を2重にして囲む必要がある。
  • セル範囲の列数を求めるにはCOLUMNS関数、行数を求めるにはROWS関数を使う。

 

 
◇ 関連リンク 
     
 
  • ROWS関数 : 指定したセル範囲は何行あるか、行数を数字で返す。
  • COLUMNS関数 : 指定したセル範囲は何列あるか、列数を数字で返す。
  • COUNTA関数 : 指定したセル範囲や値の中に空白セル以外は何個あるか、空白セル以外の個数を数字で返す。
  • COUNTBLANK関数 : 指定したセル範囲の中に空白セルは何個あるか、空白セルの個数を数字で返す。
 

EC研究所TOP>>